スタッフブログ

WEBLOG

福田祐太

デザイナーズ住宅のアドバイザーを行っている福田祐太です。デザイナーズ住宅は、皆さんが思っているほど敷居の高い物ではありません。一生に一度の大きな決断に、ぜひ川木建設のデザイナーズ住宅をご検討ください。

担当業務 : デザイナーズ住宅

福田祐太 の記事一覧

福田祐太

担当業務 : デザイナーズ住宅

私の家づくり9


こんにちは。
川木建設で、デザイナーズ住宅を担当している福田祐太です。
現在、私自身もデザイナーズ住宅で自宅を建築中です。
現場の進捗状況です。大型台風接近に伴い、養生シートを足場にまとめております。
これにより風が抜け、足場が倒れることもありません。

養生シートを足場にまとめたことで、外観が見えました。
外壁は下塗りが終わりました。これから仕上げで黒い外壁になる予定です。

外観は、外壁材や色で印象が大きく変わりますが、窓の配置も重要です。
窓の形状や高さが揃っているときれいに見えますね。
窓は光や風を取り入れる以外にもたくさんの役割があります。

皆様も窓の配置までこだわるデザイナーズ住宅はいかがでしょうか。

福田祐太

担当業務 : デザイナーズ住宅

私の家づくり8


こんにちは。
川木建設で、デザイナーズ住宅を担当している福田祐太です。
現在、私自身もデザイナーズ住宅で自宅を建築中です。
現場の進捗状況は室内の木工事と並行して、外壁工事を行っております。

今回は外壁材についてお話しします。
私の家はサイディングではなく、塗り壁(ジョリパット)を選びました。
塗り壁のメリットは継ぎ目がなく、仕上がりがきれいに見えるところです。
外観スケッチのような仕上がりになるのが楽しみです。

施工風景です。
職人さんが丁寧に塗っていますね。

下塗りが終わった中庭の様子です。

これから仕上げを行います。
10月下旬に足場解体予定です!

こだわりのデザイナーズ住宅はいかがでしょうか。
お気軽にご相談くださいませ。

福田祐太

担当業務 : デザイナーズ住宅

私の家づくり7

こんにちは。
川木建設で、デザイナーズ住宅を担当している福田祐太です。
現在、私自身もデザイナーズ住宅で自宅を建築中です。
私の家は工事が順調に進み、窓が設置されました。窓が設置されると日当たり等が確認でき、完成が楽しみです。

今回は窓(サッシ)の色についてお話しします。


皆様は家を建てるときに、外観・内観はどのような色が良いか考えますよね。
濃い色でかっこよさや高級感を表したり、明るい色で柔らかい印象や空間の広がりを表したり、考え方・感じ方は様々です。その際に窓の色も選べることをご存知でしょうか。
外壁や壁紙の色が同じでも窓の色で与える印象がかわります。

私の家は、窓の外観色は黒、内観色は白を選びました。
外壁が黒なので窓の外観色は黒で即決でしたが、窓の内観色は悩んだ結果、壁紙と同系色で空間の広がりを演出したく白を選びました。

細部までこだわるデザイナーズ住宅はいかかでしょうか。
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

福田祐太

担当業務 : デザイナーズ住宅

私の家づくり6

こんにちは。
川木建設で、デザイナーズ住宅を担当している福田祐太です。
現在、私自身もデザイナーズ住宅で自宅を建築中です。

先日、無事に上棟しました。
今年は本格的な梅雨のため、当初の予定より3週間程度遅くなってしまいました。
建物全体の大きさや中庭の広さが分かり、今後の生活のイメージが膨らみました。

また、川木建設のデザイナーズ住宅ではデザインだけではなく、性能にもこだわっています。
写真は天井の断熱材です。天井の断熱材は屋根から入ってくる熱を室内に入れない効果があります。

お客様のこだわりがたくさん詰まった「夏涼しくて、冬暖かい」家はいかがでしょうか。
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

福田祐太

担当業務 : デザイナーズ住宅

私の家づくり 5

こんにちは。
川木建設で、デザイナーズ住宅を担当している福田祐太です。
現在、私自身もデザイナーズ住宅で自宅を建築中です。


ここが私のデザイナーズ住宅の建築地です。
実際に山岡さんとこの地に立ち、打ち合わせを行いました。
この土地は周囲が畑や道路のため、日当たりは良いのですが、視線を遮るものがないというデメリットがあります。
そのため、建物をコの字型に計画し中庭のプライベート空間を作ることになりました。

川木建設のデザイナーズ住宅では、お客様の建築予定地に合わせた最適なプランをご提案します。
どうぞお気軽にご相談くださいませ。